読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Dockerでホスト環境を汚さずにSinatraの開発環境を構築できるdocker-sinatra-devを書いた

docker ruby sinatra

昨日の記事がそこそこバズったのでコメントなどで色々教えてもらいました。

調べた結果としてdocker run-vオプションを使えばホストOSのファイル空間をコンテナOSに渡せることが分かりました。これを使えばファイルの編集はホストOSで行いアプリケーションの実行はコンテナ側で行うことができそうです。

さっそくシンプルなSinatra開発環境を作ってみました。

docker-sinatra-dev

ongaeshi/docker-sinatra-dev

$ git clone https://github.com/ongaeshi/docker-sinatra-dev.git
$ cd docker-sinatra-dev

rakeコマンド一発でイメージの作成、コンテナの作成、実行を行ってくれます。2回目以降はイメージの作成は省略されます。

$ rake
docker build -t sinatra-dev .
Sending build context to Docker daemon 98.82 kB
Sending build context to Docker daemon 
Step 0 : FROM ruby:2.2.2-onbuild
# Executing 4 build triggers
Trigger 0, COPY Gemfile /usr/src/app/
.
.
docker run -itP --rm -v "/Users/ongaeshi/Documents/docker-sinatra-dev":/usr/src/app -w /usr/src/app sinatra-dev ruby app.rb -o 0.0.0.0
[2015-07-19 06:40:44] INFO  WEBrick 1.3.1
[2015-07-19 06:40:44] INFO  ruby 2.2.2 (2015-04-13) [x86_64-linux]
== Sinatra (v1.4.6) has taken the stage on 4567 for development with backup from WEBrick
[2015-07-19 06:40:44] INFO  WEBrick::HTTPServer#start: pid=1 port=4567

バインドされたURLをブラウザで開くとすでに小さなSinatraアプリが起動しています。

f:id:tuto0621:20150719155652p:plain

URLはKitematicを使ってればGUIから簡単に確認することが出来ます。

f:id:tuto0621:20150719155651p:plain

ホストOSのエディタでapp.rbを編集し、

$ emacs app.rb
require 'sinatra'
require 'sinatra/reloader' if development?

get '/' do
-  'Hello world!'
+  'Hello world!!!!!!'
end

リロードすればアプリも更新されます。素晴らしいですね。

f:id:tuto0621:20150719155650p:plain

考察

この仕組みを使うとホストOSにインストールするものはエディタを中心とした最低限のものにとどめることができます。

例えば、大規模なオープンソースの開発環境を自分のホストOSに構築するのは少し躊躇してしまいますが(自分が実際にどれだけ貢献できるのかやってみるまで分からないけど、最初の環境構築に結構時間がかかる)、Dockerコンテナとして開発環境が提供されていればコンテナをダウンロードして試してみて、よさそうだったら継続(必要ならホストOSに環境構築してもよい)、駄目だったらイメージとコンテナを消せばよいのでずいぶん敷居が下がりそうです。

タグファイルなどをあらかじめ作成しておくのもよさそうですね。

応用