読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

iOSでRubyプログラミングできるPictRuby 0.2 - アプリのランチャーになったりWebAPIを叩けるようになった

ruby mruby rubypico ios programming

この記事はmruby Advent Calendar 2015の25日目の記事です。前日はmrubyのRedisクライアントのPipelining対応とDisqueクライアント - 人間とウェブの未来でした!

PictRuby 0.2 をリリースしました。iPhoneiPad上でコードを編集、実行、デバッグしながらプログラムを書くことができます。

PictRuby - Ruby Programming Environment in iOS

文字列を返すとテキストファイルとして表示、コピペできるようになった

いままでは画像オブジェクトを返すと画像を表示、保存出来ましたが文字列も返せるようになりました。

def convert
  "Hello!"
end

f:id:tuto0621:20151224232906p:plain

文字列を返すとテキストファイルとして結果が表示されます。右上のセーブボタンを押すとクリップボードにコピーすることができます。

文字列にURLを含めるとタップしてブラウザを開ける

文字列内のURLは結果画面でタップできます。

def convert
  "Hello, PictRuby\nhttp://pictruby.ongaeshi.me"
end

f:id:tuto0621:20151224233027p:plain

青文字の部分をタップするとブラウザが開きます。

f:id:tuto0621:20151224233041p:plain

ポップアップメッセージを表示したり、ポップアップ経由で入力できるようになった

def convert
  Popup.msg("Hi!")
end

f:id:tuto0621:20151224233052p:plain

def convert
  name = Popup.input "What your name?"
  "Hello! #{name}."
end

f:id:tuto0621:20151224233106p:plain

クリップボードにコピー

クリップボードの各行に対してヘッダを挿入します。Clipboard.setを使うとコード内で結果をクリップボードにコピーすることもできます。

# Please return the text or image in the "def convert"

def convert
  src = Clipboard.get
  header = Popup.input "Header?"
  src.split("\n").map { |e| header + e }.join("\n")
end

f:id:tuto0621:20151224233122p:plain

URL Schemeを使うとアプリを起動

入力されたキーワードで辞書アプリやサイトを串刺し検索する例です。

# Please return the Image object in the "def convert"

def convert
  text = Popup.input("word?")
  text = URI.encode_www_form_component(text)
  
  <<EOS
  ウィズダム
  mkwisdom://jp.monokakido.mkwisdom/search?text=#{text}
  
  大辞林
  mkdaijirin://jp.monokakido.daijirin/search?text=#{text}
  
  Weblio
  http://ejje.weblio.jp/content/#{text}
  
  Wikipedia(ja)
  #{wikipedia(text, "ja")}
  
  Wikipedia(en)
  #{wikipedia(text)}
  
  Google翻訳
  http://translate.google.co.jp/?hl=ja#ja/en/#{text}
EOS
end

def wikipedia(text, country = 'en')
  "http://#{country}.wikipedia.org/wiki/#{text}"
end

f:id:tuto0621:20151224233134p:plain

f:id:tuto0621:20151224233143p:plain

f:id:tuto0621:20151224233155p:plain

Browser.open, get, json でWebAPIを叩けるようになった

Weather Hacks から今日の天気情報を取得して表示します。

# # ja/天気
#
# ## 概要
# Weather Hacks から今日の天気情報を取得して表示します。
#
# ## 使い方
# 1. CITYに天気を表示したい地域コードを空白区切りで追加
# 2. 地域コードは那覇だと http://weather.livedoor.com/area/forecast/471010 の最後の数字です
# 3. 実行結果をテキストにコピーすると日々の天気や気温の移り変わりを記録することもできます

CITY = %w(016010 130010 270000 471010)

def convert
  t = Time.now
  date = t.datestr
  
  "#{date} #{t.hour}:#{t.min} の天気\n\n" + 
  CITY.map { |e|
    LivedoorWeather.new(e).show(date)
  }.join("---\n")
end

class LivedoorWeather
  attr_reader :data
  
  def initialize(city)
    @city = city
    @data = Browser.json("http://weather.livedoor.com/forecast/webservice/json/v1?city=#{city}")
  end
  
  def show(today)
  <<EOS 
#{day_str(today)}の#{area}は#{telop(0)}(気温は#{temperature(0, "min")}から#{temperature(0, "max")}度)。
明日は#{telop(1)}(気温は#{temperature(1, "min")}から#{temperature(1, "max")}度)の予定。
#{url}
EOS
  end
  
  def day_str(today)
    if today == date(0)
      "今日" 
    else
      date(0)
    end
  end

  def telop(idx)
    @data["forecasts"][idx]["telop"]
  end
  
  def temperature(idx, kind)
     t = @data["forecasts"][idx]["temperature"][kind]
     t ? t["celsius"]  : "?"
  end
   
  def date(idx)
     @data["forecasts"][idx]["date"]
  end

  def area
    @data["location"]["city"]
  end
  
  def description
    @data["description"]["text"]
  end
  
  def url
    "http://weather.livedoor.com/lite/area/forecast/#{@city}"
  end
end

class Time
  def datestr
    sprintf("%04d-%02d-%02d", year, month, day)
  end
end

f:id:tuto0621:20151224233207p:plain

他にもいろいろできるよ

アプリ内のサンプルタブには実行可能なサンプルコードが収録されているで参考にしてください。

PictRubyGems にも色々置いてあります。

まとめ

自分でも毎日使うプログラムが書けるようになってきて満足しています(すっかりPictじゃ無くなってきましたが)。

モバイルコンピュータでプログラミングを楽しみましょう。

過去の記事