読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

隠しファイルの表示、非表示を切り替えるOSXアプリ

概要

OSXにおける、隠しファイルの表示、非表示を切り替えるアプリです。
調査不足かもしれませんが、OSXでは隠しファイルの表示、非表示をGUIで変える方法がなく、またそもそも常に隠しファイルを表示しておくことがWindowsと違って結構嫌なので(デスクトップにも隠しファイルが存在したりするのでかなり嫌)。

そこで、OSXアプリの練習を兼ねてGUIから簡単に切り替えが出来るようなアプリを作ってみました。設定を切り替えるとFinderを再起動するので自動で表示が切り替わります。

注意! Finder再起動時に大きなファイルのコピーなどを行っていると中断されてしまうので注意して下さい。

ダウンロード

以下からダウンロード出来ます。githubでソースコードごと管理しています。

Downloads for ongaeshi's HideFileToggle - GitHub

githubへのコミット

下の手順でほとんど上手くいきました。
はじめてのgithub - blog.katsuma.tv

以下、備忘録。

# sshキーを作成
ssh-keygen -t rsa -C "email@address.com"

# gitに名前とemailアドレスを設定
git config --global user.name "username"
git config --global user.email "email@address.com"

# gitにremoteレポジトリ(push先、github)を追加
git remote add origin git@github.com:username/HideFileToggle.git

# push!!!
git push origin master