読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Ruby on Rails チュートリアルをやってみる 〜2章 デモアプリケーション〜

目次

f:id:tuto0621:20140502121345p:plain

2章では scaffold を使ったデモアプリケーションを作る。scaffold を使うのはこの章が最後で、以後は rails new の素の状態から一つずつビルドアップしていく。ここまでが旅立ち前の準備という所。

とりあえず始める前に Rails 用の rvm 設定に切り替え。

$ rvm 2.0.0@railstutorial_rails_4_0

教科書はこちら

2.1 アプリの計画

まずアプリの作成。

$ rails new demo_app

で、 Gemfile を編集して bundle install する。

$ Gemfile の編集
$ bundle install --without production
$ bundle update
$ bundle install

--without productionremembered option と呼ばれていて、一回実行したら bundler が覚えてくれて以後オプションを設定する必要がなくなるらしい、便利。

このまま GitHubにpush して Heroku にデプロイする。このスピード感はすごいなぁ。

2.1.1 ユーザーのモデル設計

よくあるマイクロブログのモデルケース。

  • users

    • id
    • name
    • email
  • microposts

    • id
    • content
    • user_id

2.2 Uses リソース

ユーザーを HTTPプロトコル経由で 作成/読み出し/更新/削除 (CRUD) 出来る。 scaffold 使うとそれが1コマンドで出来る。

※ 最初にRailsを爆発的に普及させた一要素。この手の操作もう3〜4回はやってるなぁ・・。

$ rails generate scaffold User name:string email:string
$ bundle exec rake db:migrate

REST - Wikipedia

2.2.3 Users リソースの欠点

scaffold で生成された処理の欠点。特に一番下が大きい。(だから3〜4回も繰り返すことに・・)

  • データの検証がない (validation)
  • ユーザー認証が行われていない
  • テストが行われていない
  • レイアウトが整えられていない
  • 理解が困難

2.3 Microposts リソース

2.3.2 マイクロポストをマイクロにする

2.3.3 ユーザーとマイクロポストを has_many で関連づける

rails console 便利だー。昔やった時はこの手の手動でデータモデルを使うのに MySQL 等の知識が必要ですごく難しかった印象。

$ rails console
>> first_user = User.first
>> first_user.microposts

2.3.5 デモアプリケーションのデプロイ

$ heroku create
$ git push heroku master
$ heroku run rake db:migrate

2章 感想

  • remembered option なんて概念があるのか
  • rails console 便利 (昔は無かった記憶)
  • ローカルでは SQLite3 なのに heroku では PostgreSQL になっててかつコードの変更がほとんどないのは Rails (ActiveRecord?) の強みだなぁと思った

次章からはいよいよ scaffold から離れて 0 から Rails アプリを構築していく。